季節の恵みと情感を
日本の色の印刷で

小さな日本列島ですが、日本ほど四季の恵みを繊細に受けとめ、ゆたかな文化に昇華している国はないと思います。
そこから日本独特の色彩感覚が生まれました。その一端をご紹介することで、とくに和のライフスタイルや和の商品のチラシ印刷の効果アップに取り入れていただければ幸いです。
それぞれ4色をかけ合わせ印刷も出ますが、特色を補色で使える強味があります。
萌木色/春を迎えて木々が芽吹くとき、森や山が黄色味を帯びた緑に輝きます。新入学や旅行や野外にかかわるチラシの、明るく希望に満ちた季節感を高めます。

菫 色/
山の路傍に見かけるスミレは、青でもない、紫でもない、地味な色なのに山歩きをする人の目をひきます。和の品物を引き立たせる品格のある美しい色です。
黄檗色/
黄檗の木の内側にある部分を細かく切って、染める黄色です。自然の強さを秘めたアースカラーは、カレーとは違うのですが、食感を導きます。
鬱金色/
秘めた黄金の深みがあり、木綿に染めて用いられました。大阪の造幣局の通り抜けの桜に、葉と同じ色に見える鬱金桜があります。
柿渋色/
柿渋の実を青いうちに搾り、2年ほど寝かせて発酵した上澄み液は、上衣や扇子などに塗りました。輪島塗りのようにじっくり手をかけて作られた重厚な色彩です。
茜 色/
朝日や夕陽に映える空の色です。日本のイベント、文化、子供たちの遊び、自然の佇まいなど、日本人の生活や郷愁のイメージを高める大きさを感じさせる色です。
利休鼠/
「雨は降る降る城ヶ島の磯に、利休鼠の雨が降る」北原白秋が歌った唱歌にあるこの色は利休が好んだ「侘び」「寂び」のこころです。

日本独特の「和の色」はまだまだいっぱいあります。「和の色」として色見本帳もつくられているくらいです。あなたの好みや、仕事に合わせて、日本の色を探してください。
「和の色」は、和室、和のインテリア、和の道具、和菓子、和食、お茶、子供たちの節供などの行事、旅行、癒し、日本の精神、着物、お正月や年末の行事など、商品やサービスをひきたてるチラシに使うと効果的です。
ただ、「和の色」を使うには、日本の伝統文化や、花鳥風月、文芸などに通じる和の心が必要です。
この機会に、日本文化の素晴らしさを見直してみませんか。

NEXT ISSUE
業界最安値B4両面カラー印刷 データ確認無料の安心印刷
NEXT ISSUE