ハガキ付きチラシは
主婦層を狙う通販に最適

チラシは地域媒体の特性がありますが、一方、全国を対象とした通信販売の媒体としても用いられます。
その場合の特徴として、ハガキを添付したり、チラシの一角にハガキの表裏を印刷しておき、切り取って使っていただくようにし、厚手の紙が用いられます。

ハガキには予め郵便局の承認を得た受取人払いとして切手不用にする場合がほとんどで、同時に、フリーダイヤル、フリーFAX、メール、ウェブサイト、モバイルでも対応できるようにしておきます。
また、ハガキは、商品の注文、サンプル取り寄せ、資料請求に用いられ、今後のDMやメールの応諾など個人情報を確認する項目も入れます。

通販としてよく用いられる業種は、健康食品、サプリメント、化粧品、産地直送品などが多く、通常、量販店などで店頭化されていない無店舗販売の商品や、通販専門のブランドの場合が効果的です。
代金の支払は、ふつう、配達時に支払う代引き、納品書と振込用紙(郵便局、コンビニ)の同封の形式がよく用いられます。

契約書到着から8日間、20日間など一定期間以内なら、「特定商品取引に関する法律」のクーリングオフ制度が適用されます。訪問販売の場合も同様です。
お客さま都合の場合は開封しないこと、破損、不良品の場合も適用され、もちろん代金も払い戻されます。
トラブルの場合は、悪徳商法被害救済を業務とする行政書士などの事務所が代行して処理します。

通信販売としてチラシを利用する場合は、折込み地域単位、年齢や購入目的単位で、自社にとっての販売効率の高い折込みパターンを開発していくマーケティングが有効です。

NEXT ISSUE
業界最安値B4両面カラー印刷 データ確認無料の安心印刷
NEXT ISSUE