独特のデザイン感覚と技法が必要

チラシ印刷のデザインには独特の感覚が必要です。
それは相反する要素が絶妙のバランスを保った、デザインのプロならではの、技法とセンスです。

ノウハウの一例をご紹介しましょう。

シンプル感とボリューム感

商品の情報がギッシリつめ込まれている割には、どこかスマートなシンプル性があって、価格訴求だけではなく、企業の品格やイメージを伝えることが大切です。

清潔感とごちゃごちゃ感

全体のイメージとして、おしゃれ感やダイナミックスが必要ですが、どこかに複雑感がある方が商業性が出ます。
しかし、上手にものを探すように、導線を導いて読ませる、というのがプロの技法です。

インパクトと丁寧さ

多くのチラシの中から目立つ強烈な要素が必要ですが、お客さまのこころに添う、詳細な情報もなければなりません。商品のサイズやグラム数、ワケありや数量限定、産地や成分などです。
住宅やマンションなどの不動産広告には、特定の掲載規定が必要です。

企業イメージとセールスパワー

チラシは企業イメージを出しにくい媒体ですが、企業の理念やセンスもデザインされていなければなりません。
その上で「売り」を強調してこそ、セールスプロモーションのメディアとして効力を発揮します。

ヒューマンインタレストと商品

ヒューマンインタレストのあるイラストやキャラクターは、まずチラシに注目させ、商品へ導く役割を担います。
どこかに息抜きをつくるという意味でも、結局は商品やサービスを強調することになるのです。

NEXT ISSUE
業界最安値B4両面カラー印刷 データ確認無料の安心印刷
NEXT ISSUE