必読!チラシ印刷の
チェックポイント。

集客効果を上げるためには、次のチェック項目が必要です。
もちろん、広告代理店Atamaは、以下のことも万全にサポートしていますので、安心してお任せください。

表面のキャッチフレーズでは、
言いたいことをひとつに絞っていますか?

表面から、一度にあれこれメッセージを書いても、読んでもらえません。数あるチラシ印刷の中から注目してもらうためには、これだけはどこにも負けないという1点を絞って、表面のキャッチフレーズで大きく訴求します。
一度興味さえ持っていただいた後は、いろいろなメリットをチラシの裏面に小さく書いておいても隅々まで読んでもらえるのです。

配布エリアの適切な設定が
チラシ印刷の費用対効果をグンと高めます。

多くの業種様の場合、反応にいい地域に配布するのが一番費用対効果が高いでしょう。そのためにはどのエリアの反応がいいかを検証する必要があります。
また、配布する地域は、必ず見て回り、どんな人が住んでいるかを創造し、ターゲットの生活の様子をある程度分析する必要があります。

チラシの折込日は戦略上、
たいへん重要です。

土曜日が一週間の中で、圧倒的に折込量が多い日です。そんな折込の多い日に折り込んで埋没して見てもらえないと思われがちです。
しかし、もし、御社の商品が他社と比べても自信のある商品ならば土曜日をお勧めします。
土曜日の折込が多いのは、それだけ見る人が多いからなのです。人通りの多い立地は競合が多いからといって、人通りの少ない立地に出店していては商売が成功しないのと同じことです。
また、人は月初や月末を意識して行動するので、そのポイントを意識した折込日の戦略も考えられます。

表面で、いきなり、
価格の訴求をしていませんか?

チラシ 印刷といえば、スーパーマーケットが多いため、価格を訴求するものだと勘違いしている方々は、一般の企業様のみならず、広告代理店や印刷会社の方にも多く見受けられます。
あくまで、広告の基本は、
1.まず商品の良さを訴える。
2.そして、価格の訴求をする。
という順番になります。安ければ何でも売れるという時代はもう過ぎ去っているのです。
スーパーマーケットの場合は、商品はどこでも同じようなものなので、その説明は省いていきなり価格の訴求に入っていってもなりたつ商売なのです。

チラシ印刷のデザイン性は集客効果とは
あまり関係がないと思っていませんか?

イメージばかりが選考して、商品の良さを訴えていないチラシ印刷は論外ですが、商品の良さを的確に訴求さえすれば、デザインの良さは商品の品質の良さを連想させ、お客様に好印象を与えることが出来るのです。
いくら商品が安くても、お客様に悪い印象を与えてしまっては、集客に悪影響を及ぼすのは当然です。

競合の動きに
注意を払っていますか?

チラシ印刷の配布日、回数、キャンペーン内容など競合の動きによっては、訴求効果が減衰する可能性があります。競合の動きを注意して、競合が表現してないようなメリットを御社が提供できればチラシの効果は格段に上がります。

自社のチラシ印刷を客観視し、
客観的評価を行っていますか?

チラシ印刷の計画を立案し、その都度、効果測定を図り、次の計画に反映させてください。
客観的な分析を積み重ね、戦略の的を絞ることで、いずれは地域一番店になってゆくことができます。

NEXT ISSUE
業界最安値B4両面カラー印刷 データ確認無料の安心印刷
NEXT ISSUE