健康には金がかかる

わからないのである。
チラシに載っている食用油の種類のことだ。
キャノーラ油が特売として売り出されているのだが、その横にコーン油があり、エコナ健康オイル、サフラワー油、ベニバナ油なんてものまである。
世の主婦たちは、これらをどのくらい理解し、どのように使い分けているのだろうか?
気になって仕方ないではないか。
(そんなこと気にしているのは僕だけかもしれないが…)

「疑問は発見の母である」その言葉どおり、調べてみることにした。
キャノーラ油は、いわゆる菜種油だが、カナダ産の菜種の新品種をキャノーラと呼ぶことから同品種を使った場合校呼ぶらしい。
エコナオイルは、原料は菜種や大豆だが、主成分が普通の油と違うようで、ジアシルグリセロールという主成分は、体内吸収後の油の再生がされ辛く、血中の中性脂肪の上昇を抑える効果があるため、健康オイルと呼ばれるようだ。

健康は何よりだが、チラシで見る限り、特売の油と比べると倍近く価格が違う。
健康は金で買えないとはよく聞く言葉だが、健康には金がかかるのも確かなようだ。

チラシNET トップページ